大阪梅田形成クリニック|あざレーザー治療サイト
ヘッダーロゴ

大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト

MENU

あざ治療は
乳児期からが
より効果的です

こどものあざは
保険診療で治せます

お子さんに突然あざができたら心配になりますよね。
どうして良いかわからず、自分のこと以上にとても心配になります。

私たちはそんなお母さんの心配を取り除くべく、あざの最適な治療を行っています。

まずはお気軽に、ご相談ください。

子どものあざの種類

  • 黒あざ/うで
    くろあざ/うで
    サムネイル

    一般的には「ほくろ」と呼ばれているもので、メラニンを生成する母斑細胞によってできる黒いあざのことを指します。 大きさや形は人によって様々であり、ほくろの状態によっては治療を行う必要もあります。

  • 茶あざ/からだ
    ちゃあざ/からだ
    サムネイル

    健常人の10%ほどに見られる茶あざの一種です。 形状は平坦で、色調は薄い茶色のため他のあざに比べると目立ちにくい一方、成長とともに自然消失することはないため、消失にはレーザー治療が必要です。

  • 赤あざ/からだ
    あかあざ/からだ
    サムネイル

    ポートワイン母斑は生まれつき生じる赤あざの一種です。 自然に消えることはなく、体の成長とともに大きくなります。場合によっては腫瘤を形成することもあるため、早めに治療を行うことが推奨されます。

  • 赤あざ/あたま
    あかあざ/あたま
    サムネイル

    生まれつき出現する赤あざの一種で、特に頭部からうなじにかけて現れるもののことを言います。 3歳ごろまでに消えることが多く、また残っても毛髪で目立たない部位のため、治療の必要性は低いです。

  • 赤あざ/かお
    あかあざ/かお
    サムネイル

    サーモンパッチは生まれてすぐに見られる赤あざで、主に眉間や上まぶたなど額の真ん中部分にあらわれます。 泣いたりしたときなど血流が良くなった時に、毛細血管が拡張して赤みが濃くなる特徴があります。

  • 赤あざ/かお
    あかあざ/かお
    サムネイル

    いちご状血管腫は生後1〜2週間で出現する赤あざの一種で、体の様々な場所に現れます。 形や大きさは様々ですが、大きく分けて局面型、腫瘤型、皮下型の3種類があり、それぞれ症状や治療法が異なります。

  • 茶あざ/からだ
    ちゃあざ/からだ
    サムネイル

    表皮母斑は生まれつきか幼少期から見られる、褐色のあざです。 表皮の過形成により生じるあざで、ぶつぶつとしたあざが頸部や体、手足に現れます。 症状により3つのタイプがあり、対処法は異なります。

  • 青あざ/かお
    あおあざ/かお
    サムネイル

    太田母斑は頬、額、鼻、耳、くちびるのあたりなどの部位で、点状に広がって現れる青あざの一種です。 生後すぐに現れるものと、遅発性のものがあり、遅発性の場合思春期以降の女性に出ることが多いです。

  • 青あざ/あし
    あおあざ/あし
    サムネイル

    青色母斑はほくろのような形状をした青あざの一種で、ほくろとは異なり青みが強く半球状に盛り上がっている点が特徴です。 通常方は30歳以降の方に出ることが多く、顔や背中、手足などによく出現します。

  • 青あざ/からだ
    あおあざ/からだ
    サムネイル

    異所性蒙古斑とは通常の蒙古斑と異なり、おしりや腰以外にも全身に出現する青あざのことです。 通常の蒙古斑同様、成長するにつれて薄くなっていくことが多いため、1歳ごろまでは経過観察を行います。

大人のあざ・シミの種類

  • 茶あざ/かお
    ちゃあざ/かお
    サムネイル

    くすみは古くなった角質の蓄積や、保湿不足など様々な原因によって引き起こされると考えられています。 年齢によるものと諦められがちですが、ケミカルピーリングやトリートメント治療により対処できます。

  • 茶あざ/顔
    茶あざ/顔
    サムネイル

    肝斑は両頬の周囲に左右対称で広がる褐色のシミで、形は大きいものから、小さい斑状のシミが集まったものまで様々です。 30〜40代の女性に生じることが多く、内服療法やレーザー治療によって改善できます。

  • 茶あざ/顔
    茶あざ/かお
    サムネイル

    後天性真皮メラノサイトーシスは、両側性太田母斑様色素斑とも呼ばれていて、両頬にできることの多いシミの一種です。 他のシミと異なり、灰色から若干青色を帯びた茶色であるといった特徴があります。

  • 赤あざ/体
    赤あざ/体
    サムネイル

    脂漏性角化症は老人イボとも呼ばれており、中年以降の方に非常によく見られます。 手のひらと足の裏以外のどこにでも発生し、色調は褐色のことが多いですが、もっと薄いものから、黒に近いものまで様々です。

  • 茶あざ/顔
    茶あざ/かお
    サムネイル

    通称そばかすとも呼ばれており、両頬から鼻にかけて現れる小さい褐色の斑が多数集まっているのが特徴です。 レーザー治療によって改善することも可能ですが、再発してしまう場合も多いので注意が必要です。

  • 赤あざ/顔
    赤あざ/かお
    サムネイル

    炎症後色素沈着は怪我や、ニキビを潰してしまったなどの理由で、色素沈着が生じてシミになってしまった状態のことです。 自然消失することも多いですが、対処法によっては消えにくくなることもあります。

  • 赤あざ/顔
    赤あざ/かお
    サムネイル

    毛細血管拡張症は赤ら顔とも呼ばれていて、毛細血管が拡張して血管が透けることで皮膚表面が常に赤く見える状態となります。 一般的には、頬や鼻の頭など毛細血管が密集している部位に発生しやすいです。

  • 茶あざ/顔
    茶あざ/かお
    サムネイル

    老人性色素斑は「シミ」の一種で、特にその中でも加齢によってできるもののことを言います。 肌細胞の代謝異常によるメラニン色素の蓄積が原因の一つとして考えられていて、早い人だと20〜30代で出始めます。

あざは今、レーザーで
治す時代です。

開業理念
『家族に寄り添った医療を』当院ではお子様のあざ、大人のシミなどの治療を皮膚科専門医と形成外科専門医が行います。

最新のレーザーによる治療を行いますが、治療は一度ではなく、継続して行う必要があります。家族でお子様と末永く通って頂ける温かいクリニックを目指しています。

お子様のあざは早期治療が効果が高くなる場合もありますので、お気軽にご相談下さい。
レーザーの強み
レーザーの強み

レーザー治療前

レーザー治療前

レーザー治療後

レーザー治療後

きれいなクリニックでお待ちしています

クリニック紹介

開業理念
『家族に寄り添った医療を』 当院ではお子様のあざ、大人のシミなどの治療を皮膚科専門医と形成外科専門医が行います。最新のレーザーによる治療を行いますが、治療は一度ではなく、継続して行う必要があります。家族でお子様と末永く通って頂ける温かいクリニックを目指しています。お子様のあざは早期治療が効果が高くなる場合もありますので、お気軽にご相談下さい。
治療方針
皮膚科専門医と形成外科専門医による治療を行います
最新のVbeamピコレーザーを使用した治療を行います
安全第一の診療・治療を行います

受診案内・アクセス

開院日・時間
【診療時間】
火曜・水曜・木曜・金曜:10:00~14:00/15:00~19:00
土曜・日曜:9:00~13:00/14:00~17:00  ※いずれも完全予約制                        
アクセス
〒530-0057
大阪市北区曽根崎2-1-12 国道ビル4階
梅田駅より徒歩6分

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください