ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU
               

脂漏性角化症

老人性血管腫

脂漏性角化症について

脂漏性角化症は老人イボとも呼ばれています。

ウィルス性のイボではなく年齢と共にできるイボで、早い人は20代や30代ごろから出現し加齢とともに増えて行きます。

加齢と紫外線が主な原因とされていて、特に日光のよく当たる頭や顔などに多く見られます。大きさは数ミリから3センチくらいで、色は皮膚と同じ色から黒っぽいものまで様々です。

色が黒く見えたり表面が盛り上がったりするため、悪性のホクロと勘違いされる方もいらっしゃいますが、老人イボの場合基本的に健康に影響はなく、悪性化することはないため放置しても問題はありません。

しかし、目立って気になる場合やかゆみがある場合は、レーザーや液体窒素によって削り取ることができます。

大人 治療

脂漏性角化症(老人イボ)の治療方法

治療の流れ

老人イボと診断された場合、基本的には施術を行わず経過を見ますが、かゆみを伴う場合や、顔の目立つところにある場合には、メスで削り取ったり、切除やレーザー治療を行います。

注意点を受ける

副作用や術後の注意点

全ての治療法に対して副作用の可能性はゼロではありません。

副作用の可能性や注意点については、治療前に医師からしっかりとした説明がございますので、もし不安なことがあればその際に遠慮せずに相談してください。

治療費

治療費用については、こちらのページをご覧ください。
ただ治療範囲によって費用が異なってきますので、医師に相談いただきますようお願いいたします。

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください