ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU
               

肝斑

肝斑の症状

 

肝斑は頬骨や額、口の周辺などに現れ、左右対称に広がる褐色のシミです。 形は島状の大きいものから、小さい斑状のシミが集まったものまで様々で、一般的には左右対称に広がるとされています。30~40代に多く見られます。

 

肝斑とシミの違い

シミ(老人性色素斑)と大きく異なるところは左右対称にできるところです。人によっては鼻・あごまで肝斑は続くことがあります。また、シミと比べて肝斑はぼやっとした境目があいまいなものが多く、これも特徴の一つです。 ごくまれに左右非対称な肝斑ができることがあります。二つ目の特徴の「ぼやっとした境目」の茶色いシミができたら、左右非対称でも肝斑を疑った方が良いでしょう。

肝斑のセルフチェック

30歳を過ぎたころからシミが気になりだした シミは頬やコメカミに左右対称でモヤっとした地図状だ 目の際(周り)を避けるようにシミがある 妊娠・出産の経験がある ピルを服用している 夏場や強い紫外線を浴びた後はシミが濃くなる 強いストレスを日常的に感じている この中から3つ当てはまる方は肝斑かもしれません。 クリニックの受診をおすすめします。  

肝斑の原因

原因は主に3つに分かれます。

 

ホルモンバランスの変化

 

妊娠するとホルモン量が増え、出産すると一気に減少します。この変化によって肝斑は引き起こされるとされています。また、40代頃になるとホルモン量が減少し始め、肝斑が出やすくなってしまいます。

 

ピルの服用

 

ピルは女性ホルモンを調整するために飲むピルは、肝斑の原因になると言われています。また、肝斑がある方がピルを服用すると、服用後に肝斑がひどくなるケースがあります。ただし、ホルモンが具体的にどんなメカニズムで肝斑を引き起こすのかについて、具体的にはどういった変化をもたらしているのかはわかっていません。しかし、何らかの影響をもたらしているという説が有力視されています。

 

メイクやスキンケアをすることによって起こる摩擦


肌への摩擦は肝斑の原因になるとされています。ほほのあたりはメイク・スキンケアですることが多い部分ですので、肌に刺激がいってしまいます。肌は刺激が加わるとメラニン色素を作り出すため、肝斑が発生しやすいのではないかと言われています。  

肝斑の予防方法

ではどんな予防方法があるでしょうか。

 

紫外線対策を行う

 

紫外線は肌にダメージを与えてしまうので、日常的な日焼け対策をしなければなりません。 まずは外出する時間を陽の強い時間、14~15時を避けて外出することを気を付けましょう。 また、少ない時間の外出でも、積もり積もれば長時間になってしまいます。 対策は日傘や長袖長ズボンを切るなど服装を工夫することで、50%ほどの紫外線をカットしてくれます。 日焼け止めを塗ることも効果的です。顔なら真珠の玉2個分ほどを目安に十分な量を塗りましょう。また、海水浴、夏の外出などの時は3時間に1回くらいの頻度で塗りなおすことをおすすめします。

 

ホルモンバランスを整える

 

ホルモンバランスは自分で整えることができます。十分な睡眠、バランスの良い食事、適度な運動はホルモンバランスに良い影響をもたらします。生活リズムを整え、健康な生活をしていきましょう。

 

スキンケアを変える・見直す

 

日ごろのスキンケアを一度見直してみましょう。泡洗顔に変えてみたり、刺激が少ないものに変えてみたりと自分に合ったスキンケアを見つけましょう。

 

肝斑の治療方法

 

肝斑の治療の基本は内服と外用療法です。

 

ハイドロキノン

 

肌の漂白剤とも呼ばれる強い効果のある塗り薬です。メラニンを作り出すメラノサイトという器官の働きを抑制します。

 

トレチノイン

 

上記のハイドロキノンと併用されることが多い薬です。ターンオーバーと呼ばれる肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みを活性化させ、シミを薄くします。

 

トラネキサム酸

 

メラノサイトの働きを抑える飲み薬です。肝斑の発生を阻害する働きがあります。 一般の市販薬としても販売されています。

 

レーザー治療

 

レーザー治療で肝斑は治療ができます。当院では最新のレーザー機器、ピコレーザーを使い、治療していきます。 しょうげきはによってメラニン色素を砕き、従来より、より広範囲に、色素沈着が起きにくいのが特徴です。また、ダウンタイムも少なく、レーザー照射後にかさぶたができにくくなっています。広範囲に照射することで、少ない回数での治療ができます。 ダウンタイムが少ないのも特徴で、施術翌日からメイクをすることも可能です。

 

副作用や術後の注意点

 

肝斑治療では肝斑治療レーザーが新しい治療法として行われるようになってきましたが、合併症も見つかっています。 例えば、レーザーが効きすぎて白抜けを起こしてしまう可能性もゼロではありません。 これらの点については医師の方から、施術前にしっかりと説明があります。 なので、何か副作用や術後の注意点について不安なことがあれば、その際に遠慮せずに相談してください。

 

治療費

治療費用については、こちらのページをご覧ください。
ただ治療範囲によって費用が異なってきますので、医師に相談いただきますようお願いいたします。

 

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください