ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU
               

老人性色素斑

老人性色素斑

老人性色素斑について

一般的に「シミ」と呼ばれるものの中で、特に加齢によってできるものを老人性色素斑と言います。早い人だと20、30代で出始め、年齢を重ねるにつれてどんどん濃くなっていき、40~50歳でピークを迎えるとされています。

老人性色素斑は、長年肌が紫外線に当たり続けることによって肌の細胞が異常をきたし、シミの原因を作る黒色メラニンを過剰に作り出したり、肌のターンオーバーが乱れてメラニンが十分に排出されなかったりすることによって生じます。

老人性色素斑の治療にはレーザーによる治療と内服薬による治療があります。

レーザー治療では肌に蓄積した黒色メラニンの色素を破壊することによってシミを改善していきます。

また、内服薬による治療ではL-システインやビタミンCといった、肌細胞のベースとなる成分を摂取することでターンオーバーの促進を図ります。

大人 治療

老人性色素斑の治療方法

治療の流れ

「完全除去」を望まれるのであればピコレーザー、Qスイッチレーザーが適応ですが、1~2週間の軟膏療法とテープ処置が必要です。

また、外用治療もホームケアとして行うことが可能です。

注意点を受ける

副作用や術後の注意点

老人性色素斑には様々な治療法があり、治療法によって使用する医療機器も異なるため、副作用や注意点も異なってきます。

例えば、ピコレーザーによる治療であれば、施術中・施術後に赤み(数時間以内で収まる軽度の状態)、まれに色素沈着や腫れ、熱傷が起こる可能性があります。副作用の可能性や注意点については、施術前に医師からしっかりとした説明がございますので、もし不安なことがあればその際に遠慮せずに聞きましょう。

治療費

治療費用については、こちらのページをご覧ください。
ただ治療範囲によって費用が異なってきますので、医師に相談いただきますようお願いいたします。

 

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください