ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU

 大人のシミも 
 ご相談ください 

           

大人のシミとあざ治療

           

あざは生まれる気のものも多いですが、
大人になってから現れるものもあります。

また、幼少期にあざの治療を受けられなかった方でも
治療で改善することができます。

  • くすみは古くなった角質の蓄積や、保湿不足など様々な原因によって引き起こされると考えられています。 年齢によるものと諦められがちですが、ケミカルピーリングやトリートメント治療により対処できます。

    サムネイル
    茶あざ
    ちゃあざ/かお
  • 肝斑は両頬の周囲に左右対称で広がる褐色のシミで、形は大きいものから、小さい斑状のシミが集まったものまで様々です。 30〜40代の女性に生じることが多く、内服療法やレーザー治療によって改善できます。

    サムネイル
    茶あざ
    茶あざ/顔
  • 後天性真皮メラノサイトーシスは、両側性太田母斑様色素斑とも呼ばれていて、両頬にできることの多いシミの一種です。 他のシミと異なり、灰色から若干青色を帯びた茶色であるといった特徴があります。

    サムネイル
    茶あざ
    茶あざ/かお
  • 通称そばかすとも呼ばれており、両頬から鼻にかけて現れる小さい褐色の斑が多数集まっているのが特徴です。 レーザー治療によって改善することも可能ですが、再発してしまう場合も多いので注意が必要です。

    サムネイル
    茶あざ
    茶あざ/かお
  • 老人性色素斑は「シミ」の一種で、特にその中でも加齢によってできるもののことを言います。 肌細胞の代謝異常によるメラニン色素の蓄積が原因の一つとして考えられていて、早い人だと20〜30代で出始めます。

    サムネイル
    茶あざ
    茶あざ/かお
  • 脂漏性角化症は老人イボとも呼ばれており、中年以降の方に非常によく見られます。 手のひらと足の裏以外のどこにでも発生し、色調は褐色のことが多いですが、もっと薄いものから、黒に近いものまで様々です。

    サムネイル
    赤あざ
    赤あざ/体
  • 炎症後色素沈着は怪我や、ニキビを潰してしまったなどの理由で、色素沈着が生じてシミになってしまった状態のことです。 自然消失することも多いですが、対処法によっては消えにくくなることもあります。

    サムネイル
    赤あざ
    赤あざ/かお
  • 毛細血管拡張症は赤ら顔とも呼ばれていて、毛細血管が拡張して血管が透けることで皮膚表面が常に赤く見える状態となります。 一般的には、頬や鼻の頭など毛細血管が密集している部位に発生しやすいです。

    サムネイル
    赤あざ
    赤あざ/かお

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください