ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU
               

 異所性蒙古斑 

異所性蒙古斑

 

異所性蒙古斑について

蒙古斑自体は生後1週から1ヶ月ごろまでの赤ちゃんのおしりや腰に出現する青あざで、日本人のほぼ全員に見られますが、5~6歳までには自然に消えるとされています。 一方で、おしりや腰以外(腕など)に青あざが出現することがあり、これを異所性蒙古斑といいます。 異所性蒙古斑も5~6歳までには自然に消えるとされていますが、大きいものや多発性のものは通常の蒙古斑より自然に消えるスピードは遅くなります。

 

太田母斑との違い

太田母斑も青あざの1種です。 主な違いとしては、あざのできる部位になります。 蒙古斑はお尻や腰に見られることが最も多く、異所性蒙古斑はお尻・腰以外にできる青あざを指します。 対して太田母斑は額・目の周り・頬にできることが多く、通常は顔の片側にできます。

 

異所性蒙古斑ができる原因

異所性蒙古斑はなどの青あざは、皮膚の深いところ(真皮と呼ばれています)にメラノサイトという色素細胞が集まってできるものです。 本来生まれてくるまでに消失しているはずだったものが、生後も消えずに残っていることが原因とされています。

 

異所性蒙古斑の治療方法

5~6歳ごろまでには自然に消えるといわれていますが、中にはしつこく残存するものもあります。 また成人になってから治療すると、ほとんどの場合、炎症後の色素沈着が残る可能性もありますので、早いうちからレーザーにて治療を行う必要があります。 しかし、異所性蒙古斑は色素脱失を起こしやすいので医師による慎重な治療が必要になります。

 

レーザーによる治療

あざの治療にはレーザーを使います。 施術時は数分で終わりますが、輪ゴムを弾いたようなパチンとした痛みがあります。 ですので、場合によって麻酔を行うこともあります。 1回の施術で消失することもありますが、残った場合は3ヶ月間隔で追加の施術を行いながら経過を見て行きます。

 

治療後の副作用や術後の注意点

照射後はレーザーに対する反応でシミのような炎症が残ってしまうことがありますが、3~12ヶ月で自然に消失します。 医師の指示に従うようにしてください。 不安なことがあれば、遠慮なく相談してくださいね。

 

異所性蒙古斑の治療費用

赤ちゃんのあざは保険適用となります。 また大阪市の助成金の適用を受けることにで、より負担を減らしての治療が可能となります。 詳しくは医師までご相談ください。

 

異所性蒙古斑は治療が可能

異所性蒙古斑は5~6歳までに自然と消えることが多いですが、大きかったり濃いものはその後も残ってしまうことも。 お子さんのあざがなかなか消えなかったら心配になりますよね。 しかし異所性蒙古斑をはじめ、青あざはレーザーによる治療が可能です。 当クリニックではまずはあざの状態を診て、治療を進めています。

 

困ったらクリニックへお越しください

お子さんのあざは、自分のこと以上に心配になります。 当クリニックではそんな親御さんの心配が少しでも和らぐよう的確な治療・ケア・アドバイス等を行っています。 ぜひ、クリニックにいらしてみてください。

 

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください