ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU

赤ちゃんの顔にできるあざについて【サモンパッチ・ウンナ母斑・太田母斑】

ブログ
サムネイル

ふと気が付いたとき、お子さんの顔にあざができていたらとても心配になりますよね。
このページでは、
・赤ちゃんの顔にできるあざについて
・治療方法
などを解説していきます。

 

赤ちゃんの顔にできるあざについて

どのあざも顔にできますが、特徴的なものは以下になります。

 

サモンパッチ顔の中央部にできるもりあがりのない赤あざ
ウンナ母斑首の後ろにあるもりあがりのない赤あざ
太田母斑顔の片側のおでこや目の周り、頬などにできるもりあがりのない青あざ

 

それぞれのあざについて

サモンパッチとウンナ母斑をまとめて正中部母斑とも呼び、新生児の20-30%でみられます。
正中部母斑は生まれたときから存在し、顔にあるものは2-3歳ごろまでにほとんどの方で自然に消失しますが、一部で成人まで残る方がいます。
特に首のうしろに出来るウンナ母斑は半数が成人でも残っています。

 

太田母斑は生まれた時からある方、幼少期に出現する方と様々ですが、思春期に色濃く広がってきて目立つようになることが多いです。
顔の片側だけでなく、両側にできることもあります。
太田母斑が自然に消失することはありませんが、治療を行うことできれいに消すことができます。治療については後述します。

 

あざができてしまう原因

正中部母斑は遺伝性であることが医療界ではわかっています。
ご両親のどちらかにあった場合、お子さんにもできる可能性があります。

 

太田母斑はアジア人で多くみられます。
一部で家族内発症例もありますが、太田母斑は一般に遺伝性はないとされています。

 

この原因は、表皮にあるメラニンを作る細胞(メラノサイト)と似た細胞が真皮に増殖することでできます。
メラニンは浅いところ(表皮)にあると茶色く見え、深いところ(真皮)にあると青く見えます。
太田母斑では真皮でメラニンが多く作られるため青あざとして見えるという訳です。

 

あざの治療法

正中部母斑は自然に消失するものも多いですが、色調の濃いものはレーザー治療の適応となります。首の後ろにあるものは成人でも半数で残存しますが、髪の毛で隠せますし、気になる方のみレーザー治療を行います。
当院ではVbeamプリマと言う色素レーザを用いて治療をしています。

 

太田母斑は全例、レーザー治療の適応となります。
1度の照射では消失しませんが、根気よく治療を行うことで必ずきれいになります。

 

赤ちゃんで治療を開始する方が、皮膚が薄いため、レーザーの反応が良く、治療回数も少なく済むことが多いですが、大人になってから治療を開始しても十分きれいに消すことが可能です。
しかし赤ちゃんで治療開始した場合、小範囲のあざはテープやクリームなどの局所麻酔を用いてレーザー照射が可能ですが、広範囲のものや瞼にかかっているものなどは全身麻酔が必要となる場合が多いです。

 

また、思春期に再燃してしまうこともあります。そのためメリットデメリットを考慮して治療開始時期を決定する必要があります。

 

Vビームプリマとは?

Vビームプリマとは従来の色素レーザー機器と比べてお肌への負担が最小限にできる最新機器です。
冷却装置もあるため痛みもほとんどなく施術ができます。

 

スポットサイズが3㎜~15㎜まであるため、以前の機器よりも広範囲にレーザーがあてられるようになり、治療時間が短くなりました。
この治療は保険が適用されます。また大阪市の助成金の適用を受けることにで、より負担を減らしての治療が可能となります。詳しくは医師までご相談ください。

 

医師からのメッセージ

顔にできるあざは他の部位より比較的目立ちやすいため、集団生活に入る前になんとかしてあげたいと思われる親御さんも多いかと思います。

 

赤ちゃんにあるあざには、成長とともに自然に消えるあざもありますし、太田母斑など、消えることはなくても大人になってからでもほぼ完璧と言っていいほどきれいに消すことが可能なものもあります。
また、今回紹介したあざは全て保険で治療が可能です。
残るあざなのか、いつ治療を開始するべきなのか、悩まれている方はお話だけでも聞きにいらして下さい。

 

関連記事

サーモンパッチにおけるレーザー治療について

おしえて!サーモンパッチの原因とレーザー治療のこと

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください