ヘッダーロゴ
大阪梅田形成外科クリニック
あざレーザー治療サイト
MENU
               

酒さ

顔の赤みを気にする女性




顔の赤み・蒙古斑・あざ治療は大阪梅田形成外科クリニック あざレーザー治療サイトへ

酒さについて

酒さとは

酒さは、顔がほてったように赤く見える赤ら顔の原因として代表的な皮膚の病気です。

額や、眉間、ほほ、顎、鼻などに多く症状が見られ、一時的に赤みが引いても血流が良くなると症状は再度出てきてしまいます。


酒さの症状

赤ら顔のほかには、毛穴の炎症によってニキビのような赤いぼつぼつが現れることもあります。

症状として顔の赤みとぼつぼつでは個人差があり、どちらかだけ症状が出る方もいれば、どちらも出る方もいらっしゃいます。

また、顔が腫れたり、かゆくなったり、眼のまわりが腫れたり、充血したりする方もいますが、これは酒さに4つのタイプがあるからです。


紅斑毛細血管拡張型(第1度酒さ)

酒さの中では一番初めに症状として確認できます。

鼻の先端、眉間、顎のまわりで多く赤みが生じてきます。

初めは赤みが出たり消えたりしますが、少しずつ継続して症状がみられるようになります。


丘疹膿疱型(第2度酒さ)

病状が進行すると、第1度の症状に加え、ニキビに似た丘疹や皮疹が生じるようになり、皮脂の分泌が盛んになります。

そして症状は顔面全体に広がります。


腫瘤型(第3度酒さ)

ニキビのような皮疹があつまってかたまりとなり腫瘤を形成していきます。

特に鼻は毛穴が目立つようになり凸凹に盛り上がり(鼻瘤)、赤紫色になってくるのが特徴的です。


眼型

眼周りの腫れや結膜炎、角膜炎を生じます。


酒さの原因

酒さの原因としては遺伝による体質や、免疫の低下、皮膚表面の細菌のバランスなどが挙げられていますが、詳しいことはまだわかっていないのが現状です。

しかし、寒暖差や紫外線、過度な飲酒など、血行を良くする行為が酒さを悪化させてしまうことがわかっているので、酒さを患っている方は注意しましょう。


レーザーで簡単治療!酒さの治療方法

 




酒さの治療方法

酒さは塗り薬や飲み薬、レーザーなどの機器によって治療を行います。

また、症状の進行具合によっては、自分に合った酒さにとって正しいスキンケアを継続することで、症状が緩和されるケースもあります。

ここで重要なのは、症状を緩和する効果は期待できますが、スキンケアだけで酒さを完治させるのは非常に困難だということです。

そのため塗り薬や飲み薬、レーザー治療などをスキンケアと併せて根本から治療と皮膚科を受診することをおすすめします。


スキンケア

酒さに伴って、皮膚が乾燥しやすくなることがあるため、肌の保湿ケアは重要です。

特に乾燥しやすい季節は十分に保湿しましょう。

また、酒さの原因のひとつとして考えられている紫外線に対しても、十分な注意を払いましょう。

そして市販されている乳液や日焼け止めなどの一部は、刺激が強いものや自分の肌に合わないものもあるため、成分やタイプを見て慎重に選びましょう。


塗り薬や飲み薬による治療

外用薬、服用薬での治療は、基本的には毛穴が炎症を起こしている赤いぼつぼつに対して治療を行います。

塗り薬では、炎症を抑える軟膏や、殺菌効果のある抗生物質軟膏、抗炎症作用のある薬などを処方します。


・メトロニタゾール


最近、保険での処方が可能となりました。酒さの方にできるニキビのような赤いぽつぽつに特に効果的です。すぐに効果が出るわけではないため、症状改善には根気よく治療を続けることが大事です。


・アゼライン酸


自費にはなりますが、酒さに効果の期待できる成分の一つです。

炎症を抑えたり、毛穴のつまりを改善する効果があり、ニキビに対しても使用されます。

比較的刺激は少ないですが、使い初めに赤みや熱感、ヒリヒリ感などが出ることがあります。根気強く塗り続けると改善していくことが多いですが、心配なときは早めに医療機関で相談しましょう。

妊娠中でも使用できる安全性の高い成分です。

そして服用薬では、炎症を抑える作用のある抗生剤や、重度のニキビ治療で使用されるイソトレチノインなどを処方するケースもあります。


・抗生剤


炎症が強い方に、抗炎症効果を期待してビブラマイシンやミノマイシンを使用します。特に赤いぽつぽつに効果が期待できます。飲み始めてから2週間~1カ月で効果を実感される方が多いです。

ビブラマイシンは嘔気、ミノマイシンはめまいやふらつきなどの副作用がありますが、比較的副作用の少ないビブラマイシンを使用することが多いです。副作用や耐性菌の懸念から内服は長くても3カ月程度の使用にとどめます。


・イソトレチノイン


イソトレチノインはビタミンA誘導体で、皮脂の過剰な分泌を抑えたり、毛穴のつまりを防ぐ効果、抗炎症効果などがあります。ニキビに使用されることも多く、肌質改善に高い効果が期待できます。

半年程内服することが多く、唇や肌の乾燥や、肝機能障害などの副作用があるため、内服中は定期的な受診が必要です。また、妊娠中、妊娠希望のある方、授乳中は使用できません。


レーザー治療

赤いぼつぼつと赤ら顔を同時に治療するには、レーザーを用いた治療が特に有効です。

特に顔全体の赤みや、赤みに対しては飲み薬や塗り薬で改善が乏しかった場合にはレーザー治療を行い、根本から解決することをおすすめします。

当院のレーザー治療では最新型色素レーザーVビーム Primaを用いて保険治療が可能です。

Vビーム Primaは血管を流れる赤血球に直接働きかけ、血管を徐々に縮めることによって赤みをとっていきます。


副作用や術後の注意点

レーザーによる治療では、治療後赤みや腫れが生じます。また、照射部位が白く色抜けした状態になってしまう色素脱失や、皮膚に色素としてダメージが残ってしまう色素沈着などを生じる可能性もゼロではありません。

治療後に適切なケアを行うことによって、それらの副作用を避けることもできるため、治療後は医師の指示に従ってください。


治療費

治療費用については、こちらのページをご覧ください。 ただ治療範囲によって費用が異なってきますので、医師に相談いただきますようお願いいたします。

 

あざ治療を提供する大阪梅田形成外科クリニックの医師紹介

日本形成外科学会 専門医 古林 玄 Furubayashi Gen

古林先生からのメッセージ

私は大阪医科大学を卒業後、大阪医科大学附属病院、市立奈良病院を経て東京へ行き、がん研有明病院、聖路加国際病院で形成外科の専門医として様々な手術の経験を積んできました。

がん研有明病院では再建症例を中心に形成外科分野の治療を行い、乳房再建および整形外科分野の再建を中心に手術を行ってきました。

聖路加国際病院では整容的な面から顔面領域の形態手術、また、先天性疾患、手の外科、全身の再建手術に携わって参りました。この豊富な経験を活かし、全身における腫瘍切除を形成外科的に適切な切除を目指し、傷跡の目立たない治療を提供できればと考えております。

日本皮膚科学会認定皮膚科 専門医 中尾 有衣子 Aiko Nakao

中尾先生からのメッセージ

大阪医科大学医学部を卒業後、これまで、大阪医科大学附属病院、高槻赤十字病院、済生会中津病院、恒昭会藍野病院などで研鑽を積んできました。

さまざまな皮膚疾患を診ていくなか、私自身思春期にあざで悩み、レーザー治療をした経験があることから、あざの治療に興味をもつようになりました。

現在、3児の子育て中です。子供にもあざがありますが、将来あざのことでコンプレックスを感じて欲しくないと思い、レーザー治療をしました。

親として、子供の治療は自分の治療以上に不安に思うことを私自身経験していますので、どんな小さな不安でも納得いくまで質問して下さい。お子さんも親御さんも安心して治療が受けられるよう、丁寧な診療を心がけています。

顔の赤みの治療・相談なら大阪梅田形成外科クリニック

名称 大阪梅田形成外科クリニック
住所 〒530-0057 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目1−12 国道ビル 4階
電話番号 06-4309-6115
アクセス 東梅田駅より徒歩6分
URL https://osaka-aza.com

あざ治療をご希望の方は、
こちらからご予約ください